2017年3月レストランフェアinシンガポール


関西・食・輸出推進事業協同組合について

「日本の美味しいを世界の食卓へ」をスローガンに、関西から新たな食輸出のスタイルを創造する関西初の団体です。
各専門分野に特化した食品のプロが集まり、共同で販売提案を行う事が出来、調理や物流などの多種多様なご要望・ご相談にも総合力でお応えする事が可能です。

レストランフェアinシンガポール

今回お邪魔させて頂きましたイベントは、海外のレストランにて組合の食材を使用したメニューを期間限定で掲載したり、食材の使用方法などをPR 。
それに伴い、一日限定でレストラン「魂(TAMASHII)」にて、厨房に立ち現地スタッフと共にコース料理を提供しました。

そのコースメニューのうち4品を私が考案。現地でも非常に受けが良くてホッと一安心でございます。

期間は2017年3月10日の早朝に現地入りし、そこから現地スタッフと打ち合わせ。仕込みはなれない厨房で深夜まで四苦八苦しながらなんとか終了。
当日11日は昼頃から3クールで計80人前を用意。

実際の現地でのワーク

1クールが現地メディアの方々。
主にブロガーやSNSの発信者で、現地では有名?な方たちらしく、ここから情報が拡散されているのかと思うと緊張でもありましたが、満足いただけた様子でした。

2クールは現地の料理人さん。
組合の本来の目的は現地の方に食材を気に入って頂き、日本から仕入れてもらう事なので、お客様の反応は私以上に組合の方が気にされていたかと思います。

3クールは、「魂(TAMASHII)」の常連客など馴染のお客様へ。
皆さん楽しいお食事の時間をお過ごしになられたかと思います。

3月12日の最終日はお昼のフライトの為、観光はドライブスルーな感じでサラッと終わらせました。

次回、また呼ばれるような事があれば、今回の反省点や使えるテクニックなどさらに磨きを掛けて挑みたいと思います。

「魂(TAMASHII)」でのイベントの様子