3月の『シアトル系カフェのクッキー』レッスンの受付を開始しました! >> 確認する

ふわふわ・ほくほく!きのこと豆腐のとろろスープ

Pocket


旬の野菜でたっぷり栄養補給しましょう。

旬の茸(キノコ)と長芋は安くて美味しい時期。一度冷凍すると火通りも早くて旨味が濃ゆく栄養価もアップで良い事づくめです。たっぷりの茸と青ネギ、水切りしたきぬこし豆腐と水餃子にはしっかり濃いめに味付けしたスープを含ませます。とろろは仕上げにかければ食感と舌触りの良い夏の疲れをとって身体を元気にしてくれる一風変わったスープの完成です。


「きのこと豆腐のとろろスープ」

数種類の茸からの旨味だしをたっぷり吸いこんだ豆腐。
水餃子で食べ応えと、とろっとろのとろろで疲れた身体を癒す
1皿で大満足の具沢山スープをご紹介します。

材料
(スープ)
水…1ℓ
昆布…(5㎝×3㎝)1枚をハサミで細かく切っておく。
鰹等のだしパック…1パック
中華スープの素…小さじ2∼3
味りん…大さじ1

(具材)
椎茸…4枚
しめじ…1/2株
舞茸…1/2株
えのき茸…1/2株
絹こし豆腐(水切り)…1/2丁
青ネギ…1/2束
水餃子…適量
長芋(すりおろし)…適量

(薬味)
山椒・ブラックペッパー・柚子胡椒・七味…お好きな物で。

(作り方)
①スープを作ります。分量の水と昆布を合わせて10分置く。スープの材料を全て加え火にかけます。

②鍋に食べやすい大きさにカットしたキノコ類を入れ、水餃子と水切りしておいた豆腐を大きめにちぎって加えます。

③火が通ったら、擦りおろした長芋と青ネギを加え、ひと煮立ちすれば完成です。

(ポイント)
長芋は生でもおいしいですが、加熱すると主成分のでんぷんがふわふわ・ほくほく、食感と味わいがさらに豊かになるのです。

お好みで薬味を加えてお楽しみください。
ハフハフッ…熱々をどうぞ♪
残ったスープで締めのラーメンにするのがおすすめです。

【満腹感を与える食物繊維が豊富!】
水を含むと膨らむ食物繊維が豊富なのでたくさん食べてもとっても低カロリーな上に少量でもお腹がいっぱいになります。腸を活発にしてくれる最適食材です。

【ダイエットして老化する肌を助けてピカピカ肌にしてくれます。】
茸類と野菜を一緒に食べる事で、ビタミンとミネラが沢山吸収できるので合わせて食べる事が最良です。

【骨粗しょう症を予防できる食べ方】
ダイエットで食事制限をしている方は特に気を付けたいのが骨密度が低下する事。そんな時こそ茸類に豊富に含まれるカルシウムは、肉類・大豆製品のタンパク質を一緒に食べる事でしっかり吸収され骨粗しょう症予防に役立ちます。

【長芋のネバネバは免疫ケア食材】
長芋に含まれるアミラーゼは消化酵素。消化をたすけ、食べた必要な栄養素を身体に取り入れやすくしてくれます。カリウムが身体のだるさやむくみを楽にしてくれます。

きのこの保存は使いやすい大きさに切って冷凍する事で火通りも早くて旨味が濃く、栄養価もアップで良い事づくめ。
凍ったまま調理すると便利なうえに旨味倍増です!

長芋も擦りおろしてジッパー袋に入れ薄く平たく冷凍すれば、必要な分だけ折って使えるので便利です。

お試しください。

「親子の絆を深めませんか?」
🎃【親子パン作りイベントDEハロウィンパンを作ろう‼】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次